レーザーで素早くほくろ治療【跡もほとんど残らずすぐに終わる】

綺麗に治すための知識

カウンセリング

ちょっとした事に注意して

ほくろを除去する方法は色々とありますが、その中でも現在人気があり多くの医療機関でも採用しているのがレーザー治療です。ほくろの所だけにレーザーの光が反応する事になるので、周りの肌を傷める事なく除去できる点が高く評価されています。ですから目立つ部位に出来てしまった時でも、きれいに取り除く事が出来る為、今では美容皮膚科、美容整形外科など色々な所で治療を受けられます。ただ、実際に治療を受ける際はいくつか気を付けると良いことがあり、その一つが日光に患部を当てないようにするということです。レーザー治療をした後の肌は非常にデリケートな状態になっており、紫外線によって色素沈着が起きやすい状態となっています。つまり、せっかく肌を綺麗な状態にする為に施術を受けたにも関わらず、日焼けを起こしてしまうと肌の色がまた少し黒くなってしまうのです。では実際にはどうすれば良いかというと、先ず施術後は必ず1週間程度は医療用テープを貼って保護します。またその期間が過ぎれば何も気にする必要がないという訳ではなく、その後は紫外対策をしっかりと行って、日焼けをしないように心掛けます。この際に効果的なのは日焼け止めを利用する事などで、できるだけ紫外線の影響を受けないように工夫することが必要不可欠です。そうすることで色素沈着を起こす事なく、傷跡を綺麗な状態にしてほくろ除去を行う事が出来るようになるからです。また紫外線対策が難しいという時は、あまり紫外線の影響を受けない時期にレーザー治療を受けるという方法をとると良いでしょう。ほくろ自体は体の色々な部位に出来ますが、レーザー等を利用して治療すれば除去する事は決して不可能ではありません。ただ実際に出来た部位によっては、適当に取り除いてしまうとその傷跡が目立ってしまうという可能性も十分にあります。例えば顔やデコルテ等は露出する機会も多いので、そこに傷跡が出来るのは極力避けたいと考えている人も少なくありません。せっかくほくろを除去して綺麗な肌にしようとしたにも関わらず、そこに傷跡が残ってしまうと本人としては新たな悩みとなる事もあるからです。とは言っても、実際に治療を受ける病院によってはほくろを除去する事は出来ても傷がどうしても残ってしまうという事もあり得ます。どうして傷が残ってしまうことがあるかと言うと、その病院の種類によって治療を行う目的が違っているということが大きく関係しています。現在ほくろ治療が出来るのは皮膚科、美容皮膚科、美容クリニックなどですが、皮膚科の場合は除去を目的として施術を行います。反対に美容クリニックの場合は審美面を重視した施術を行っているので、除去するだけでなくその後の傷跡のケアも丁寧に行ってもらえるのです。そのため、同じように施術を受けてもアフターケアを丁寧に行ってもらえるということから、美容クリニックで施術を受ける人が増えていると言えるでしょう。また美容クリニックの場合は最新機械を導入している事が多いだけでなく、対応してくれる時間も通常の皮膚科よりも長いという事も少なくありません。つまり、ある程度自分の都合に合わせて施術を受ける事が出来るという事も、美容クリニックに人気が集まる理由だと言えます。