レーザーで素早くほくろ治療【跡もほとんど残らずすぐに終わる】

レーザーによる除去

女性

受ける前に覚えておこう

体にできるほくろは、時折違和感の原因になります。もし、邪魔だと感じたら、美容クリニックで治療して取るといいでしょう。ほくろ治療でメジャーなのがレーザー治療です。医療用のレーザーを照射することで、体をほとんど傷つけることなく除去ができます。保険適用外のため費用は高額ですが、傷が残りにくく短期間で終わると、それに見合ったメリットがあります。レーザーによる除去では、厳密には原因になった細胞を除去します。その細胞はメラノサイトと呼ばれ、肌を刺激やストレスから守る役割を持っています。しかし、体の部位によっては分布が密集することがあり、保護成分の分泌過剰でほくろが作られることがあります。レーザー治療では、この細胞を分泌した色素ごと焼き切ります。熱による処理のため、跡もほとんど残らずすぐに終わるわけです。照射によってメラノサイト自体も消滅するため、再発しにくいという魅力もあります。この治療法は小さいほくろの除去に向きます。理由の一つが、照射範囲が大きくなると皮膚の変質が起こるためです。せっかく取っても、皮膚の変色や陥没が起こったら本末転倒と言えるでしょう。また、値段も関係します。除去するほくろの大きさによってかかる費用も大きくなるため、元々の高額な費用がさらに高くなることがあります。施術部位が大きいと感じたら、別の方法を選ぶなど過剰出費を抑えることを優先しましょう。もし、よく分からないのであれば、クリニックで担当医に相談するのも有効です。効き目が高そうではありますが、適切な場合と言うのが存在します。ほくろ治療に使われるレーザーには、複数のタイプがあります。よく使われるのが、ヤグレーザーと炭酸ガスレーザーの二種類です。ヤグレーザーはメラノサイトが分泌する色素の除去に効果的で、色素沈着が比較的薄いほくろの除去に用いられることが多いです。一方で、炭酸ガスレーザーは皮膚や細胞を削るくらいの出力があり、黒身の強いものや、色素が堆積して盛り上がったりしたものの除去に使われます。治療時はレーザータイプの選別のほか、出力や照射時間を綿密に計算したうえで照射を行います。しかし、計算するとはいえ方針が希望に沿ったものでないことには、いい結果は望めません。レーザー治療は始める前にカウンセリングがあります。その時に担当医としっかり意見交換をしましょう。ほくろの状態の確認のほか、気になることや不安なことも相談できます。例えば、費用のことで懸念点があるなら、それを話してみるといいでしょう。カウンセリングはクリニックと利用者がお互いに理解するためのもので、これの充実が満足の前提になります。カウンセリング後は本格的に施術を行います。精密な治療のために傷が残りにくくはありますが、術後の様子見は必要です。とくに患部へ刺激が加わると肌の損傷などが起こるため、極力避けるようにしましょう。まず、レーザーを受けた部位はこすったり掻きむしったりしてはダメです。水に濡らすことは大丈夫ですが、洗顔や入浴時に洗顔料や石鹸が付着しないように配慮する必要があります。レーザー治療の後は皮膚が弱っていることを念頭に置いておきましょう。

美しくなるために

男性医師

ほくろ治療を決めた時は、病院探しが大事なことになります。費用が高いから治療が上手とは、決まっていません。また、安いからと言って諦める必要もありません。評判や実績を確認して、自分の目で確かめて、納得のいった時に病院を決めることが良い方法です。

詳しく見る

綺麗に治すための知識

カウンセリング

ほくろ治療を受ける際は、できるだけきれいに傷跡を治すためにも紫外線対策を十分行うことが必要不可欠です。また美容クリニックは審美面を重視した治療を行っているので、傷跡が目立ちにくくなると高く評価されており人気を集めています。

詳しく見る

診断を正確に行ってから

ほくろ

ほくろの除去は、まず良性と悪性かの診断が大事です。それにより、治療の選択肢は異なりますが、良性の場合は主にレーザー治療になります。後に傷痕を残さないためにも、複数回照射を行うのがよく、医師と十分に話し合ってから施術を行うようにします。

詳しく見る